お昼食べたのは4時半

だー。疲れた。
球技大会1日目が終わってお疲れの柊です。
明日、明後日はテスト返しが挟まっているので球技大会は明々後日です。何故だ。
うちの学校の行事予定おかしくないかい?
普通続けてやるものではないですかい?
おかげで会場設営、トーナメント・日程の貼り付け、コート準備が1からやりなおしですよ。
勘弁して。片付けるのだってつらいんだから。

種目は男子がサッカー、バスケ。
女子がドッヂ、バレー。
うちのクラスはバスケとバレーが勝ち残ってるみたいです。

やる気ある人が多くて「すごいなあ」と思いっぱなしです。
もう若くないんです。体力的に。
結構持久力はあるほうだったのになあ。
年々落ちてます。うわあ。
あー、課題やらなきゃ。


人気blogランキングへ

一番上へ
[PR]
# by unfairy-tale | 2006-03-14 21:44 | 日常 | Comments(0)

最近買ったマンガについて  第五弾 「青い春と青い僕と。」

どーも。柊です。
「君と僕。」#1、#2巻を買いました。
なんだろう…癒しを求めてるよなあ。
心が荒んでるからかなあ。
称号として、「廃れ人間」ってのもあるぐらいだしなぁ…(マジ)
癒されるマンガです。
桜野 みねね先生の「ヒーリング・プラネット」に負けてないかも。
「キミボク」は子供時代の甘酸っぱく、他人に知られたらそれだけで悶え死んでしまうような
想い出を思い出せる作品です。(あれ?)
…なんつーか、恥ずかしい。
想い出って、なんだろうな。
そんなことをボクは思い出しました。
あー(赤面)
あ、内容はギャグ80%です。
笑ってから優しい気持ちになれるマンガです。

こういう空気感って、なんかいいな。
ていうか、堀田 きいち先生は何でこんなに子供を描くのが上手いんだ?
いいなあ。
素朴で、あったかい作品は、人を幸せにしますね。
…ちょっと照れくさいけどね(笑)


人気blogランキングへ

一番上へ
[PR]
# by unfairy-tale | 2006-03-13 21:52 | マンガ | Comments(0)

ひもを追いかけ走る走る

さっきにゃんこと走り回って遊んでました。
にゃんこは素手、こっちはメジャーを装備。
メジャーの長さを調節して走り出す。
とにゃんこが追いかけてくるのでそこからは勝負!
こちらは取られないように、面白く出来るように。
にゃんこはあちこちにぶつかりながらも果敢に挑んでくる!
結果は12勝6敗くらい。
ふっふっふ…まだまだ青いのぉ。
などと言いたくなりましたね。
かーわいいなあ♪ほんと。
猫っていいですね…(しみじみ)
ハムスターもいいけどねっ!
あ。
ハムスターといえば大雪師走(おおゆき しわす)さんが描いている
「ハムスターの研究レポート」は必見ですよ!
ハムスターの魅力が余すことなく描いてありますから。
ハムスター好きだけでなく、動物好きなら1回は読んで。


人気blogランキングへ

一番上へ
[PR]
# by unfairy-tale | 2006-03-12 20:18 | Comments(0)

読み物として

攻略本やキャラクターブックって面白いですね。
さっき読んだのは
「グローランサーⅠⅡⅢキャラクターブック」と
「蒼い海のトリスティアキャラクターブック」と
「サモンナイト12キャラクターブック」です。
いやあ、面白い!
裏設定やキャラ開発時の裏話など、盛り上がれる要素が盛りだくさん!!
ボツ設定なんかにも捨てがたいものがありますね。
そして同じく盛り上がれるのが攻略本!
1回プレイしてから買うか、自分なりのベストを尽くしてから買うか…。
迷いますよね。
そして知らないエンディングとかシナリオなんかがあると無性に悔しい(笑)
でも、攻略本に載っていないのを知っていたりするとめちゃくちゃ優越感に浸れる…
のはボクだけ?
とにかく、本が読めない人でも、本が好きな人でも楽しめるビジュアルブックみたいなモノ。
そういう本を足がかりにして、本や小説を読む人が増えることを願っています(笑)
ゲームとかマンガとかの小説版もありますしね。
でも、絵が沢山入ってるのはやっぱり魅力ですね!


人気blogランキングへ

一番上へ
[PR]
# by unfairy-tale | 2006-03-12 17:04 | | Comments(0)

「本気」と書いて「マジ」と読む

こんばんはー。
「鋼の錬金術師」をきちんと読んでみました。
文化祭実行委員会室(略して文実室)に1巻から6巻までが置いてあったので。
今までガンガンで読んでいたりしたんですけど、
「スパイラル」が終わったので買わなくなっちゃって。
「ハガレン」は友達がはまっていたなあ。
ロイ&リザで。
…友達はこんなんばっかですが、何か?
ロイ&エドではまられるのに比べたら屁でもねえ!!(本気)
ま、いいや。
うーん。
世界観はよく作られているし、キャラも個性的でいい感じ。
しかもきちんとシリアスとギャグが入り混じってるからバランスが良いし、
何より読んでいて疲れない。
いいマンガですよ。
おまけ四コマも面白いし(笑)
少し買いたくなりました。
でも、金が…!!!金が!
…あの世界って金が作れるのがすごいですよね。
「俺にくれぇっっ!!」
言いたいですよ。本気で。
どーでもいいことですが、エドの背が伸びないのって気にしすぎてるからじゃないのか?
ね。
そして気に入ったキャラはヒューズ中佐とマスタング大佐と
アームストロング少佐。
あの人いいよ、マジで(笑)


人気blogランキングへ

一番上へ
[PR]
# by unfairy-tale | 2006-03-11 23:36 | マンガ | Comments(0)

悲愴、熱情、ベートーベン

ピアノをたまーに、気晴らし程度に弾くのですが、今弾いてるのは
ベートーベンの「悲愴」の簡単で綺麗なところ。
難易度はBなので簡単です。
「アルプスの鐘」、「月光」なんかが同じレベルです。
Bは簡単で綺麗な曲が多くて親しみやすいですね。
Cなんかになると「幻想即興曲」や「愛の夢 第3番」なんかの有名どころがでてきますね。
また通いなおしたいですねー。
ピアノ教室。
近所に住んでる(徒歩30秒)ので時間さえあればなぁ…。
今はいろいろと無理なのでね(泣)
でも、今はあんまり弾いてないけど家でハノンくらいなら出来るもんね。
もうちょっと上手くなれるかな?
今回の話題はピアノやってない方には分かりにくかったな、ごめんなさい。
ピアノの曲はCDショップなどで簡単に手に入るので、興味のある方は
是非!
聴いてみて下さいね♪


人気blogランキングへ

一番上へ
[PR]
# by unfairy-tale | 2006-03-11 18:11 | 音楽 | Comments(0)

紅茶講座 第3弾

こんにちは。
献血行きました。
やっぱいいですね!
空調きいてるし、ジュース飲めるし、それより何より
血の抜ける感触…
あ、引かれた。
引かないで下さい。
Mではないです。
危なくないです!
エロ親父って称号は持ってるけど変態とはまだ言われてませんから!!!
ぁ…なんか墓穴掘ってる気がする。

さて、下らない話をしたところでタイトルに戻りたいと思います(笑)
日本では各銘柄ごとに独自のブレンド品を包装したものを、消費者が好みによって購入する方法になっているため、紅茶の見分け方も選び方も、銘柄包装紅茶が対象となります。
量り売りなどもありますが、品質を落とさないように販売するのは難しいため、包装したものを買うのがもっとも安全です。
もしそういった店で買うならば、なるべく回転が早く、銘柄についての説明、品質、茶葉の保存方法などを訪ねた時に、すぐに、きちんと説明してくれるところがいいと思います。(マニュアルが無いとは限りませんが…)
どんなに高級な紅茶でも、湿気を帯びてしまえばすぐに香りが飛んでしまい、長く店頭にさらされていれば当然品質も落ちるからです。
そうなってしまえば紅茶は無価値も同然です。
また、簡易包装品は、缶包装と同格ですから割安で、購入後に缶に移し変えて、あれば乾燥剤を入れて密封しておけば品質も落ちにくく、経済的でもあります。
ちなみにティーバッグは大型包装品であるほどに安くなっています。

今日はもうひとついこう!
紅茶をおいしく入れるための条件。
これはとても大事。
まず水。
水道水を使わざるを得ないので、活性炭でろ過するか、少なくとも十分に沸騰させてカルキを追い出してから使いましょう。
紅茶を入れる道具。
銀製品をのぞいて金属製品は避けたほうが良いです。
インドのほうでは鉄製の大きな釜で煮出すこともありますが、常識から言ってしまうとタンニンと鉄は化合してしまうのでタブー視されます。
ポットやカップは陶磁器かガラス製がよく、香りを損なわないためにコーヒーなどとの併用は避けたほうが良いでしょう。また、日本茶、烏龍茶、紅茶の3つも香りの性質がまったく違うため、同じポットを使うのは避けたほうが無難でしょう。
ちなみにガラス製のポットで入れると、茶葉の回転や、茶葉のほどけていく様子が見ることが出来るので楽しいです。
あと1つ。
茶漉しに茶葉を入れたりすると楽ですが、絶対においしい紅茶は出せませんので気をつけて。
あのおいしさは、茶葉がポットの中で踊ることによって生まれるからです。
紅茶の分量。
大抵包装に書いてあるとは思いますが、リーフティの1杯分の量は品質によって多少の差はありますが、3g…ティースプーンの山盛り1杯分ぐらいがいいと思います。
それから、2人分を入れるのなら山盛り3杯、3人分を入れるなら山盛り4杯と、人数分より1杯多く入れるとおいしいです。

…長いよね。
やっぱりこの次にしたほうがよさそうですね。
次回はこの続きからにします。
次回は…紅茶を入れる温度についてからです。



人気blogランキングへ
一番上へ
[PR]
# by unfairy-tale | 2006-03-10 16:49 | 紅茶 | Comments(0)

結局献血行けなかった

今日は卒業式の予行と三送会があって、家に着いたのは6時半。
献血行きたいよー!(泣)
あー…明日は卒業式。
早く帰りたいけど、終わってから球技大会の準備があるかもなぁ…。
賞状書く係りなんですよ。
一応毛筆習ってたんですよ、昔。
一番上まで行ったんですよ、昔。
昔だから今はあんまり自信ないんだ。ハハ(汗)
それは内緒にしておこう、うん。
はー。今日は早く寝よう。
月曜日が試験最終日。
最大の難関、数学と英語が!
…泣きたい。
明日は先輩とバカする予定。
楽しみな半面不安(笑)


人気blogランキングへ

一番上へ
[PR]
# by unfairy-tale | 2006-03-09 20:00 | 日常 | Comments(0)

紅茶講座 第2弾

こんばんはー。
今日献血できる日だったのにしてきませんでした。
明日行ってきます。
いいですよ、献血!
飲み物はただ。雰囲気は和やか。
大宮の献血ルームはたまにマッサージ師さんがいるのも大きな魅力。
皆さんも興味があったら覗いてみてくださいね♪

さて。
紅茶講座の第二弾!
産地で収穫された茶葉は製造後、等級区分され、各地のオークションを通してメーカーの手に渡り、大抵はブレンドされた商品として販売されます。
等級は一般に次の9種。

A オレンジペコー
オレンジの風味があるわけではなく、浸出液(以下水色)は明るく薄いため、オレンジ色に見えることがしばしばあるのです。
若い芽、若い葉で作られます。細形によくよられた大型の葉。
香味の優れた上級品。

B ペコー
Aに次ぐ大形のもの。太めにもまれた中級品で、香気、水色ともに薄いもの。

C ペコースーチョン
葉柄や葉茎の基部に近い硬化した部分の切り頭。香気、水色ともに薄く、味も淡白な下級品。

D ブロークンオレンジペコー
Aを切断したもので、形は小さいけれど一番良い部分…すなわち本茶の芯で、水色がよく、味にもくせが無い1級品。
Aよりも早く出る。

E ブロークンティー
Dより小形で中級品。もちろんDより早く出る。

F ブロークンペコー
Bを切断したもので中級品。

G ブロークンペコースーチョン
Cを切断したもので下級品。

H ファニング
よれない葉や芽の砕けたもので、出物の一種。

I ダスト
粉茶で、カフェイン抽出の原料にもなる。

今回は紅茶の等級について。
いや、細かく分けるともっとあるけど。
品種については…どうしよう。最後にしようかな。
次はきっと紅茶の買い方についてと、おいしい入れ方。
…頭でわかってても、おいしく入れるのって難しいんだよ。
お茶は難しい。
日本茶も烏龍茶も、紅茶もね。


人気blogランキングへ

一番上へ
[PR]
# by unfairy-tale | 2006-03-08 23:40 | 紅茶 | Comments(0)

春です!

春の空気になりました。
沈丁花の香りに梅の香り。そしてお日様の匂い。
春ですねえ…(しみじみ)
なんかこう、うきうきしてきますね。
ああ、春っていいなあ。
桜もそろそろ…この感じだと入学式ぐらいに満開かな?
そういえば友人の妹は受かったのかな?明日聞いてみよう。

「花の下にて春死なん」の時期ですよ!
桜は好きです。
でも香りはやっぱ沈丁花かな。
あの甘ったるい香りって、なんか幸せになりそうな気がするんですよ。
金木犀の匂いも好き。同じ理由かな、やっぱ。
でも香りが強すぎるから銀木犀のほうが好き。
金木犀といえば、うちの学校をぐるりと一周するように植えられてまして、
マラソンの授業の時は気分が悪くなるくらい香りが強いんですよ。
あれはちょっとなぁ…学校も考えてくれよ。
僕は好きなので害はないけど、嫌いな人は可哀想なことになってるよ?
おっと、愚痴になってしまった(汗)
暖かくなってきたので日向ぼっこがいい感じです。
体の芯から遠赤外線で暖まります。
猫とのんびりするのも悪くないっすね。


人気blogランキングへ

一番上へ
[PR]
# by unfairy-tale | 2006-03-08 15:16 | 日常 | Comments(0)

喉の奥 鋭く尖って突き刺さる

ちゃす!
今日は1時間遅れの2時限でした。
1日目のテストは現代文と家庭科。
かなり楽な日程でした。
    で。
1時間遅れなのにいつもどうりの時間に家を出て、駅構内のCDショップと書店を見ました。
かーなーり、久しぶりだったなあ…、CD見るの。
んで、お目当てのCDを見つけて、スナック(ピザポテト)とお茶を買ってから学校へ。
そして生徒会室でまったりしてから教室へ行き、試験を受けて。
終わってから備品の買出しに行って生徒会室に置いて…。
そして速攻で帰りCDを買いました!
いやー、帰り道の途中に店があるっていいね。
前に言ってた「ホットチョコレート」、「ボクノート」。そして「ここにしか咲かない花」。
ゲットしてきました。やっほーい!
今日のBGMはこの3つですね。
ちなみにタイトルは「ボクノート」の歌詞にあった(気がする)気に入った言葉。
一番好きな言葉は「君は僕に似ている」の中の「君にボクから約束しよう」です。
って言うかガンダムSEED好きだ…。


人気blogランキングへ

一番上へ
[PR]
# by unfairy-tale | 2006-03-07 16:05 | 音楽 | Comments(0)

考えた事 3

今日も大量更新してます。
絶好調の柊です。

皿洗いが終わりました。
いつもより念入りに綺麗にしようと思って、排水溝にかぶさってる…判るかな、
ごみが入らないようにしてるかぶさってるやつ。(判りにくい)
あれも洗ってみようと思って上からこすってたんですね。
でも中々上手くこすれないんで取り出して何気なく内側を見たんですよ。
「…………。」
一気にブルーになりました。
ヘドロの素なのかもうヘドロそのものなのか判らない物体Xが張り付いてたんですよ。
見た瞬間に生理的嫌悪を感じて顔を背けてしまったので臭いが有ったかは判りませんでしたが、多分有ったと思います。
あれを海や川に流してるのかと、罪悪感にかられました。
私たちが何不自由なく暮らしていけるのは生き物たちのおかげです。
地球のおかげです。
それなのにあんなものを返してるなんて、最悪だと思います。
知らないってことは罪悪ですね。
知ろうともしないんだから。
…何も考えてないって言われても仕方ないと思います。
本当に。

とりあえずそれ自体は一生懸命洗って綺麗にしました。
贖罪のつもりだったのでしょうか。
でも、それでも排水溝周りの、いつも水に浸っている”何も見えない”所は
恐くて手が出せませんでした。
ダメですね…僕って。


人気ブログランキング

一番上へ
[PR]
# by unfairy-tale | 2006-03-06 21:22 | 考え事 | Comments(0)

紅茶講座 第1弾

f0069505_162261.jpg


これがウエッジウッドのワイルドストロベリーの紅茶の缶です!(長いな)
紅茶についての素敵サイトを発見した記念?みたいな。
なんかセレブ感が漂っててちょっと腰がひけかけたけど。
コメントを書いてきたのですが、とても気さくな感じの方で、
すぐにこちらにコメントを書いてくれました♪
ありがたやありがたや。
あ、ちなみにこれ1缶で3000円くらいです。
自分で買った時ビビリました。
「高えよ!!!(一人突っ込み風)」
と言いたくなりました。
そもそも。何故こんな一般ピープルがこんな高級なものを知ったか。
実は最初に友達がくれたのです。
誕生日でもないのに!
いや、友達はみんな紅茶好きを知っててですね、
お土産なんかにも紅茶をくれるのですよ。
これが1番美味かった。
文句なしに。(もちろん全部ありがたく飲んでるよ)
いやー…自分は今まで紅茶を知らなさ過ぎたなと思いましたよ。
これを知ってから多少紅茶の勉強をしたのです。

それじゃあ紅茶について少し。
発祥については明らかではありませんけど、まず始めに中国で緑茶が作られました。
紅茶は宋の時代からだと言われています。
17世紀にヨーロッパへ輸出された頃の中国茶は、緑茶に比べて色の黒い半発酵の烏龍茶系統のお茶で、イギリス人の嗜好によくあったそうです。
この烏龍茶の発酵を進めるうちに、今のような紅茶が作られたと言われています。
一説には、イギリスの水が紅茶によくあっていたからイギリスで異常に歓迎されたとも言われてますね。
そして喫茶店の前身であるコーヒーハウスでコーヒー、ココアとともに紅茶を売り出し、紅茶ブームの先駆けとなったそうです。
初めはロンドンの社交場とした貴族社会だけのものでしたが、次第に家庭の飲み物として食料品店でも売られるようになったそうです。
そして長い間中国産のものをオランダが独占して輸入していましたが、18世紀になってイギリスがオランダに代わって紅茶を独占する時代となって、紅茶による莫大な利益は大英帝国の基礎を作ったのです。
さらに、中国からの輸入に頼っていた茶葉を、インド、セイロン(今のスリランカ)などのイギリスの植民地で生産するようになり、まあ、いわゆる熱帯植民地生産の時代になったわけです。
そして大戦を経てインド、セイロン、インドネシアなどだけでなく、東アフリカの高原地帯も良質の紅茶の産地として知られるようになったのです…。

むー。語れば語るだけ出てきそうだね。
んじゃあこの続きはまた今度ってことで。
間違いなどあった場合指摘してくださると大感激です。


人気ブログランキング

一番上へ
[PR]
# by unfairy-tale | 2006-03-06 16:22 | 紅茶 | Comments(0)

オニオングラタンスープ

f0069505_13301669.jpg


最近オーブン料理ばかり作ってるなあ。
ま、いいか。

作り方

1 玉ねぎをバターで薄茶色に色づくまで気長にいためる。

2 色づいたら小麦粉を加えて、小麦粉に色がつくまでいためる。

3 スープを加えて、味を見ながら塩コショウで調整。チーズをのせる。 

4 熱したオーブンに入れ、チーズが溶けるまで焼く。完成。

材料(4人分)

玉ねぎ 2個
ねぎ(白い部分) 2分の1本
バター 大さじ3
小麦粉 大さじ3
スープ{スープの素 2個
     水 6カップ
チーズ(溶けるナチュラルチーズ) 200g
塩コショウ

です。
フランスパンは無いので入れない!
…で、2の部分を忘れていたのでもの足りん。
香ばしさが…!香ばしさが無い…!
そーいえばこれってフランス料理なんですよね。
最近フランス語を勉強してみたりしてることを思い出した。(学校でじゃないよ)
なーんか難しいのな。
1、2、3人称で動詞やらなんやらが変わって。
女性の動詞、男性の動詞があって。
頑張って話せるようになりたいです。


人気ブログランキング

一番上へ
[PR]
# by unfairy-tale | 2006-03-06 13:30 | 料理 | Comments(0)

Wer warten kann, hat viel getan.

タイトルがあってるか不安です。
意味が分かった人には何かプレゼントするかも。
…遠方なら無理ではないか。

ネットサーフィンを1時間くらいやってるんですけど、中々面白いサイトにめぐり合えない。
だー!!!!いらいらする。
なんかお勧めのサイトとかあったら教えてください。
切に。
ジャンルは何でもいいから!
お願いします。(他力本願)


人気ブログランキング

一番上へ
[PR]
# by unfairy-tale | 2006-03-06 11:28 | 日常 | Comments(0)