息も詰まってしまいそうな

時々死にたくなったりしつつ、それでも毎日は凄ぇスピードで追い越していきますね。
20代になってから時間が早く感じるのは気のせいではないようだし。
存在や事象に意味を求めるような無意味な真似はしたくないので、いっそ何も考えずに眠りたいです。
知覚を絶つことは出来ないけど、それでも目を閉じた暗闇は心地良い。
周りに何もないような錯覚を覚えられる。
で、だ。
自分が何に飢えているか考えてみた結果。
もしかしたら来年あたりにどっかに引っ越す可能性も出て来た。
僕は土と緑と流れる水(あとヘビとかカエルとかミミズとか)のあるところが好きなんです。
あと広い空。
ここは心が窮屈だ。

f0069505_18451031.gif

一番上へ
[PR]
by unfairy-tale | 2009-06-26 21:57 | 考え事 | Comments(0)
<< そこは別に知りたくなかったよ どうでもいいこと >>