カテゴリ:考え事( 122 )

Wash your hands.

挨拶の決まった形ってあると思うのだけれど、素敵だな、と思ったのが「Wash your hands.」。
アメリカのお宅にお邪魔すると、決まって挨拶が済んだ後にお手洗いかバスルームに案内してくれるという習慣があるという話です。もちろん帰る時も同じように。
訪問前にはきちんとしてきたつもりでも、道が混んでいたり急いだりするとどうしても髪が乱れたり心が乱れて顔つきがかたくなったり、もちろん用を足したくなっていたり。訪問後は帰り道が長かったりすると、それだけで気がそぞろになったりするものです。
衛生面でも文句なしですよね。子供にもよく言うでしょう、外から帰ったら手を洗いなさい……。手洗いは色々な病気から私たちを守ってくれます。

お客様にも気持ちよく使ってもらえるように、ふだんから綺麗にしておかなくてはね。

[PR]
by unfairy-tale | 2017-04-03 16:52 | 考え事 | Comments(0)

何が違うのか

何度読んでも、耳にしても、目にしても慣れないのは動物の死。ただひたすらに悲しくて涙がボロボロ溢れてきて、一度おさまっても思い返す度に喪失感に苛まれてしまう。
一緒に住んでいた子はもちろん、見ず知らずの他人が書いたものや、道路で横たわっていたりするものも耐えられないくらいつらい。
自然の摂理ということは理解できても、受け入れがたいこと。
一番最初の別れがトラウマになっているんだろうか。
動物が飼いたくて、しかしうちには喘息持ちの家族がいるから飼えないと言われていた中で大丈夫かもしれないとうちにやってきたのがゴールデンハムスターのドンちゃんとピングー。2匹は兄弟で一緒に暮らしていたのだけれど、雄同士の喧嘩をするようになってしまいカゴを分けた。ケージに残したのは弱い方のドンちゃん。とりあえず水槽にうつされたのがピングー。水槽に取り付けられるタイプの給水器はうちになく、野菜をあげていたが、程なく脱水で亡くなってしまった。明らかに私の落ち度で、知識も工夫もないせいで彼が亡くなってしまった後悔が、今もある。当時は小学校低学年で、飼い方の本があるのも知らなかった。それ以降は本を読み漁って正しい飼い方や注意点を学んだ。同時に、やはり彼に適切な環境を与えられなかった事実を思い知った。
ドンちゃんは天命を迎えられたが、その時も胸が潰れるほど悲しかった。だがピングーの時のような鮮明に残り続ける後悔はない。
どうすればピングーに贖罪ができるのか、いまでもわからない

[PR]
by unfairy-tale | 2017-02-26 21:46 | 考え事 | Comments(0)

書きたいことはいろいろあるのだけれど

なかなか体調が悪くて文章を書き続けられない。でも寝ているだけなのも暇なので携帯をいじる。ゆっくり書き散らそうかな。

当たり前ですが、以前にお世話になっていた方々はほとんどブログを更新されていないようですね。年月を感じる……。しかしたまに更新されている方もいらっしゃるので、その内お話しできたらいいなぁとかムシのいいことを考えています。

現在2匹猫を飼っていますが、可愛いです。その存在が愛しい。犬も飼ってみたいなぁと思うんですが、私が飼いたいのがジャーマンシェパードなので庭付きのお家じゃないと厳しい。お散歩しているよその子のお尻などを見て癒されています。

まだまだ寒いです。暖房はつけているけどなかなか底冷えがあります。雪のある寒さの方が好きです。からっ風の吹く寒さは耐えられません。

お布団を打ち直しに出したいのですが、なかなか行けません。近所でお話ももう聞いてきたのに。

温泉と岩盤浴が恋しい。岩盤浴で寝るとすごくスッキリするから好きなんですよね。近い内行きたい。

最近少女漫画からすっかり遠ざかってしまっている。なかよしの「着ぐるみ防衛隊」くらいしか読んでない気がする。アレは少女漫画なのか?面白い漫画が多すぎてなかなか開拓もできない状況。雑誌買って探るしかないんだろうなぁ。

お気に入りのつげの櫛が割れてしまったので、作ってもらった職人さんにお電話しようか迷っている。手入れが悪くてごめんなさい。

ロクアカがアニメ化するんですが、不安しかない。
頼む面白くしてくれ。

Fate SN漫画版のクオリティが素晴らしい。

BWSの続編が出ていて思わず買ってしまったがプレイする時間はあるのか?私はお兄ちゃんと幸せになりたいです。

一個一個ちゃんと書いたら1日分のネタになるのになて

[PR]
by unfairy-tale | 2017-02-18 21:50 | 考え事 | Comments(0)

僕に壁があると言った人たちは、今の僕に会っても同じ言葉を言うだろうか。
一番新しく言われたのが2年前。
でもその1年前にはずいぶん柔らかくなったねと言われている。
僕はそんなに他人を拒絶しているように見えるのかな。
それとも、関わりたくないだけかな。
周りから見られた自分は。
自分はどう見えているんだろうか。
なんて、いつかの自分だったらどうでもいいと一蹴するだけだったから変わったとは思うけど。
それでも、家族の間にも壁は当然あるし、それが普通。
心の距離が離れているのが、普通。
心の内にあるものを明かさないのが、普通。
寄り添わないのが、普通。
手を伸ばしても届かないのが、普通。
誰の助けも無いと思うのが、普通。
世界が冷たいのは、普通。
他人は信じないのが、普通。
他人から攻撃されるのは、普通。
身内は裏切らないのが、普通。
だけど、この内のいくつが本当に普通なんだろう。
まぁ、それこそどうでもいいことだけれど。
全ての普通なんてどこにもないから。
自分が他人が決めたルールのいくつかに従って歩くだけ。
時々それを飛び越えて、握りつぶして、自分の理想のラインを辿っていく。
一枚薄く隔てた不透明な壁はその内の一つに過ぎない。
こっちには来れないかもしれないけれど、こっちだって向こうに行けないんだから結構不便なものだよ。
あなたたちがこの壁を越えたいというのは勝手だけれど、それは無理で、嘘だよ。
どんなに近付いたって、手を合わせるくらいしか出来ない。
温度だって伝わらない。
お互いの姿が輪郭もあいまいにぼんやりと映るだけ。
自分が映ってるだけかどうかすら判別できないような。
年月を重ねるごとに、厚さが増してる気はするけどね。
[PR]
by unfairy-tale | 2011-05-06 21:04 | 考え事 | Comments(0)

喪失感

ペットロスが起因だと考えれば全てに納得がいくような。
そしてそう考えたらなんだかすごく冷静になって自分の選択は間違っていないと自信を持てるようになった。
いや、どう考えてもその結論にしか辿り着かなかったわけで間違っているとは微塵も思っていなかったわけだけれど、自信があるのとないのでは自分を肯定できるか否かにまで繋がるような。
とにかく自分の出した結論は正しかったしそれを非難される筋合いも毛頭ないわけだから、腹が立つ自分がいてもおかしくないどころか腹を立ててもいいんだと安堵してみたり。
そうなってくると最近の情緒不安定までも治まってきてとにかく原因の不明と自信の無さが鬱状態をかもし出していたんだなと実感。
大切なものを失うといろいろと大事なものが抜け落ちてしまうんですね。
[PR]
by unfairy-tale | 2011-05-04 21:15 | 考え事 | Comments(0)

傷付けたくない、傷付きたくない

また嫌われた。
誰かに好かれることなんてありえないとは思うけどさ。
僕は性格悪いし美点も利用できるところすらないけれど。
それでも凹む。
誰かを突き刺す言葉は、僕だったらどうでもいい人には絶対に言えないから、すごいと思う。
あーあ・・・・・・やっぱりあの時失敗しなければよかった。
何回思ったか知れないけれど、人間なんて信じない。
それに僕には誰かを傷つけることしか出来ないから、一人で居た方がいい。
[PR]
by unfairy-tale | 2011-04-28 22:43 | 考え事 | Comments(2)

割と無難に

昔は今よりも好き勝手に色々なことを書いていて、それはただの本心だからこそ他人に届く言葉だったような気がする。
今は割と無難に、本心に抑制をかけて、言葉を連ねることが出来るようになった。
ではそれは美徳なのか。
確かに必要なことだけれど凡てに抑制をかけてしまったら、自分の中で軋轢が生まれる。
それを見ない振りし続けるだけのつまらない人間にはなりたくない。
見ない振りは流される分には楽だけど、せっかく自分が自分を好き勝手に出来る権限があるんだから、そんなのは嫌だ。

往々にして本心は触りたくもないようなヘドロになっていたりもするけれど、それは掃除をサボっていた罰なんだろうね。
[PR]
by unfairy-tale | 2011-04-08 12:25 | 考え事 | Comments(0)

箱をもらった 砂が入った箱
砂を掻き分けて 箱の底には青色
地面なんて要らないから
ひっくり返して空を作った
下から見上げて
手を伸ばした 作り物の空

青が見えないよ ここには空がないから
高いところの窓 底からは見えない
白い光だけが
灰色の壁が
四肢の冷たさが
私の日常
空が欲しいよ
いつか全て引き千切って
全てに噛み付いて
唸り声を上げて
逃げ出すから
絶対に
ねぇ 欲しいよ



あお





しろ







ここは暗闇も許されないから
夜が恋しい
何も見えない
溶けて消える感覚
全てが近くて潰されそうな
世界が遠ざかって引き剥がされそうな
あの恐怖も

昼も夜も無いこの場所は
ただ私が息をしてさえいればいい場所
青にも黒にも手が届かない場所

空が欲しいな
[PR]
by unfairy-tale | 2011-03-04 21:50 | 考え事 | Comments(0)

そこに在るだけで

取引の愛なんていらないよ
ただそこに在るだけで愛しい
あなたが何をしようとも
傍に居続ける
何かをしなければいけないなんて
そんな世界だけで
生きていけるはずがない
ただ在ることを
祝福しよう
[PR]
by unfairy-tale | 2010-12-26 18:23 | 考え事 | Comments(0)

ひとりぼっち

人と人の間に、無条件の愛なんてものは存在しない。
そんなのは幻想だ。
常に天秤にかけて、その重さを量っている。
種族が全く違い、意思の疎通が図れない時にそれがあると思う。
人はいつだって一人ぼっちだ。
[PR]
by unfairy-tale | 2010-12-05 21:22 | 考え事 | Comments(0)