夏野菜生育記録

今年育ててるのがミニトマトの「つやぷるん」、サントリー本気野菜シリーズ「とろとろ炒めナス」と「やわらか焼きナス」、水ナスの「湧水」。どれも順調に生育していて、実が成り始めています。一番早く着果したのがとろとろ炒めナスで、一番果を本日収穫しました。若くてもおいしかった。水ナスは肥料が足りなかったらしく、花が咲いて慌てて追肥を多めにしました。雌しべが短くて、怒られた気分。育ててる実感としてはサントリーのナスより、水ナスの方が水も肥料も多く欲しがっている様子。水ナスの鉢を大きめのものにしておいて良かった。ミニトマトは初めの生育こそ遅く感じましたが、根が張ってからはぐんぐんと勢いを増して一番背が高く樹勢も……。脇芽とりが忙しいですが、実が大きくなっていく様子と花が次々咲いていく様子が愛おしいです。あの柔らかいミニトマトを、今年もたくさん食べたいなぁ。ミニトマトといえば、脇芽が次々と根を張っていくので困った。摘んだ端から鉢の脇に刺しているだけなんですが、それが根付いてしまうんですね。諦めて鉢を1つ買い足して、ミニトマト用の土を用意しました。定植はもう少し先。6月になってようやく日中の気温が上がってきましたので、これからが本番ですね。日差しが強くなってきたら、ミニトマトにもう一度寒冷紗を掛けないと。
[PR]
by unfairy-tale | 2017-06-03 17:20 | 日常 | Comments(0)
<< 処方されるのはいつも錠剤 夏野菜はすくすくと >>